身体によいアクセサリーの会社です。医療現場で使われるアレルギーフリーの金属、チタンを使った健康アクセサリーを制作・販売しております。

ECサイト制作・作成|IKITA企画 お問合わせ

ルニコは「技術の力で人を笑顔に、幸せに」をモットーに製品づくりを行ってきました。

現代人はストレスフルな生活を余儀なくされています。
パソコン作業が増え、肩や首に不調を訴える方も増えています。
そんな、現代病に悩まれる方たちの、身体の血流を促し、ストレス疲労の蓄積を軽減、
そして、人間がもつ本来の力を呼び戻し、皆さまに元気な毎日を送っていただきたい、
そのようにルニコは思っております。

ルニコには、全国からたくさんのお手紙が届いております。
「肩が軽くなった」「悩まされていた頭痛がやわらいだ」
「ぐっすりと眠れるようになった」「すっきり目覚められるようなった」・・・など、
ルニコ製品をご愛用いただいておりますくお客様の声が、寄せられています。

中には、「生きる力が湧いた」と感想をお送りくださった方もいらっしゃいます。
また、肩、背中に痛みがあり、食欲不振も起こしていたとのことでしたが、
解消されたというお声は、大きな励みとなっています。

ルニコは、身体の調子がよくなることで、人は前向きな心をもち、
未来に向けて力強く歩み出すことができると考えております。

ひとりひとりが笑顔で過ごせるようになれば・・・
笑顔が少しずつ広がり続ければ・・・日本中、いえ、世界中に笑顔が溢れるようになるでしょう。
ルニコは、その希望・夢をもって、そうなる未来を祈りながら、製品づくりに邁進しております。
 
製品コンセプト


Lunico とはイタリア語(L’unico)で「唯一」という意味です。
この世界には、「唯一」の存在が沢山あります。
心の宿るもの、温もりを感じるもの、人の想い、命あるもの、思い出など・・・。

そんな、「唯一」の瞬間、想いを共有できる、
製品をつくりたいという願いから、
Lunico製品は生まれました。

「唯一」の方法で作り上げた、Pure Titanium(生チタン)を、
日常の瞬間を彩るために、
想いを演出するために、お使いいただけたらと思います。
 

La Saluteはイタリア語で「健康」という意味。
イタリアでは、乾杯のときにも「Salute!」と言って乾杯をします。
豊かな人生を送るために健康が最も大切だとわかっている
イタリア人ならではの素敵な乾杯の言葉です。

年齢層や男女を選ばないシンプルなデザインで、
どんな装いにも合わせやすいラインアップです。
飽きのこないデザインは永く皆様にお楽しみいただくことが出来ると思います。

多くの方々に健康になっていただきたいという願いを込めて、ひとつひとつ手作りで仕上げております。
大切な方へのプレゼントに最適です。
 

女性を魅了する生チタンの輝き。控えめだけれど、ボリュームがある。
その存在感は、プラチナやゴールドでは味わえないものです。

人間の身体に馴染む生チタンジュエリーは、アレルギーフリー。身につけると、つけているのを忘れてしまうくらい自然で、 ずっと身につけていたような親しみを感じていただけると思います。

ルニコのチタンは24時間365日装着可能。まるであなたの一部のように、あなたの生活にも馴染むでしょう。

仕事もプライベートも欲張りに楽しみたい。輝く女性のためのパワーチャームです。
 

シンプルだけれどパワフルな生チタン。
お客様からのご要望に応え、小さなチャームラインを設けました。

一粒のピアスや、さりげない使用感のブレスレット、ネックレスなど、
他の商品と組み合わせても素敵です。
 
チタン。それは金や銀よりも劣化せず、
アレルギーを起こさない唯一の金属。

医療の世界でも多く使用される純度99.85%の希少なチタンに
特殊加工を施したテクノロジーとファッションの融合。

実はF1の部品でも活躍したことのあるチタン。
L×Fはモーター・マリン・アウトドアスポーツなどを
愛する人々からの物理学×ファッションをかたちにしたい
というリクエストから生まれた新しいタイプのアクセサリー。

本物を求める人へ贈る。
攻めるためのパワーアイテム。

L×Fデザイナー
染谷太氏
「日本にひとつしかない美容の創造」を提唱している。
PERMS HAIR主宰。
2006年よりパリコレクション、ミラノコレクション、
東京コレクションに参加。
原宿を拠点に5店舗展開。「パームムスアカデミー」開校。

News
  • 2018/05/31
    東京経堂の『美しく輝く大人のためのサロン「Tears」』にて、 ルニコ製品の取り扱いをしていただけることになりました。
    http://tears-kt.com/
  • 2016/07/21
    一時期、メールが不通となりご不便をお掛け致しました。
    申し訳ございません。
    開通致しましたので、
    お問合わせはこちら
    までお願い致します。